【初心者向け】サブドメインって何?メリット・デメリット基礎知識/サブディレクトリ

  • サブドメインって何?

っていう方に向けて、サブドメインの基礎知識を説明します!

【はじめに】サブドメインとは

サブドメインは、独自ドメインを分割して利用するときに使われるものです。

「〇〇〇.com」の前に文字列を挿入して、

「□□□.〇〇〇.com」のようにドメインを区別したいとき。

わかりやすい例だと、

楽天市場:https://www.rakuten.co.jp/

楽天トラベル:https://travel.rakuten.co.jp/

↑このようにサブドメインを利用してサービスごとに分けています。

サブドメインのメリット・デメリット

なんとなくサブドメインについて理解できましたか?

ここからは、サブドメインのメリット・デメリットを紹介します。

サブドメインのメリット

・手間やコストを省くことができる

1つの主とするドメインを用途ごとに分割して利用できるため、複数のドメインを取得する手間やコストを省くことができます。

通常、新たにドメインを取得すると、その分の費用や手間がかかります。

しかしサブドメインは新たなドメイン取得の費用はかかりません。

サブドメインのデメリット

・検索エンジン上での順位が上がりづらい

検索エンジンは各サブドメインを別々のドメインとして評価するため、評価が分散しやすく、検索エンジン上での順位が上がりづらいと言われている。

・別のサブドメインにSEOペナルティの影響が波及する可能性がある

完全にドメインを分けている場合はSEOペナルティの影響を受けることはありません。しかし、サブドメインで分けられている1つのサイトがペナルティを受けた際、別のサブドメインにペナルティの影響が及ぶことがあります。

・SSL証明書の費用がかかる

サブドメインの場合はドメインによる費用は発生しません。しかし、SSL証明書の費用はサブドメイン単位で発生します。

以上のようにメリットもあればデメリットもあります。

サブドメインと似た言葉:サブディレクトリとは

サブドメインに似た言葉で「サブディレクトリ」があります。

ただ似ているだけで異なる意味を持ちます。

サブディレクトリは、サブドメインと同じように独自ドメインを分割して使うためのものです。しかし、サブディレクトリは主とするメインサイトの下層ページのような状態になり、独立したページではありません。

↓メインサイトの下層ページにお肉のページを加える場合

「〇〇〇.com」が独自ドメインの場合

「〇〇〇.com/meat/」となります。

スーパーマーケットで例えると、

スーパーマーケットの中で「精肉」、「鮮魚」、「青果」、「惣菜」のように分割するイメージです。

サブディレクトリは、メインサイトの下層ページのような扱いなので、評価がメインサイトに依存します。

【さいごに】使い分け

さいごに、サブドメインとサブディレクトリの使いわけについて説明します。

基本的に、

メインサイトと違うテーマを作るとき➡サブドメイン

メインサイトと同じテーマの中で区別するとき➡サブディレクトリ

こんな感じです。

似たような言葉でわかりづらいかと思いますが、理解できれば簡単です。少しでもみなさんの役に立てれば嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です